FC2ブログ

そめたろのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

一期一会

京都の春がソメイヨシノの開花のニュースとともに
やってきました。
長い長い冬がようやく終わりそうです。
今年、特に東北大震災の連日の報道を見るに付け
寒そうな被災地の皆さんの姿を見るたびに
本当に「せめて、早く暖かくならないかなぁ」と
思う毎日です。
ともかく、被害にあわなかった日本人が元気に!明るく!
思いやりの心で、
被災された方とこの国を支えて行かなければなりません。

そんな昨今、私は一期一会という言葉をとても意識しています。

生まれてきた不思議、出会った不思議、今自分達を取り巻く
環境の不思議、まさに運命とか宿命が絡み合って不思議なご縁に
生かされている自分とみんな、この社会を思わずにはいられません。
震災のせいでしょうか。今自分は被災しないで、東北の方々が
親子離れ離れになってしまったり、我が家を失ったりされている様子を
見て、「今、この瞬間」というのは、かけがえのないことなんだなぁと
つくづく思うのです。
ですから明日がくる、また次があると流されないでいたい
一期一会を大切にしたいと今まで以上に強く感じています。

去年の秋に、ご近所さまからのご紹介で、お付き合いをさせていただいた
お客様(Aさんとしましょう)からのご注文の横幕が
この春ついに完成しました。

当社には殆どエンドユーザーのお客様はお見えにならないのですが
あらかじめお見積をさせていただいたり、ご意見を伺ったりしていて
実際、お越になられ生地について染についてとご説明いたしました。
フェイス トゥ フェイスのいいところは、本当にお客様の思いが
ズバリ伝わることです。
このお仕事で本当に困るのは、ご使用いただく方から遠いということで
「本当に何を望んでおられるのか?」を時々、こちらがわからなかったり
履き違えたりすることです。

Aさんは都度都度、何度も出来上がるまで足を運んでくださり、
最後の最後まで私たちに「こういうのが欲しい」を伝えてくださいました。

色・デザイン・材質と思いを伝える文字・文言まで本当にこだわって
いらっしゃったので、私たちもついつい一生懸命させていただきました。

Aさんのお陰で「人のために一生懸命作りたい」という私たちとAさんの共通する
深い思いに改めて学びました。

Aさんはお勤めが花市場ということで、なんと来社の度にお花をお持ちくださいました。
おかげさまでAさんが来られたときにはいつもお花のある事務所でした。
うちでお花を活ける習慣がない私は、その度にドギマギしながら花瓶にお花を
活けました。お花がある事務所はなんだか愛おしくやさしい生き物がいるみたいで
お水を毎日取り替えたり、お世話をするうちにわたしまでやさしくなれるような気に
なりました。
また、不思議とお花があるとお客様が多いように思いました。気のせいでしょうか?
でもAさんは「花は人を呼ぶんですよね」って仰ったのでそんな効果があるのかも
知れませんね。
「お花は心をやわらかくしてくれる」って本当ですね!
 

足掛け半年程、忙しいときも寒いときもAさんは出来上がるまで来てくださり
この春完成となりました。
集合写真

猛奪守
京都市立西京極中学校の男子バスケットボール部さんの横幕です。
Aさん曰く、ご卒業される三年生の部員さんが「なんでもっと早く作ってくれへんかったん!」
と残念そうに言ったのを聴いて「そうか、そうやなぁ」と本当に思われたそうです。
今まで、部旗もなかったとのことを伺って、なるほど。。。
でも、最後の卒部試合に間に合って、使っていただけて良かったなぁと思います。

そして実は、この幕はは「おまけ付」だったんです。
初めてお越しいただいたとき、「幕を入れる袋はないですか?」と
Aさん。調べてみると専用の袋というのは以外にないもんなんです。
それならということで、当社で作らせていただいたのがこちら。
旗幕袋
かわいいです。これは父兄のお母様方に人気ということです。

これは、私たちにとって、旗や幕を作ることはプロであってもその後の
ニーズに対してまったく無頓着であったことと、
「ニーズは常に現場にある」
ということへの大きな気付きでした。
これもAさんとの出会いで学んだことでした。

Aさん、そして西京極中学校の男子バスケットボール部の皆さん、その父兄の方々
この度はご注文ありがとうございました。
私たちはAさんを通じて皆さんが本当に望む1枚を作ることを初心に戻って体験させて
いただきました。普段は当たり前にお客様のご注文に対して誠実に製作していても
なかなか出来ない体験をさせていただきました。
そして、いろいろな学びをいただきました。
ありがとうございました。

これからも私たちは一期一会を大切に
お客様の思いを染め上げていきます。

結びに、Aさんから頂いた沢山のお花の中から、ほんの一部ですがご紹介いたします。
ゆり


お花

カーネーション

ぼけの花




スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。