FC2ブログ

そめたろのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

お客様と引染研修会 その3 完結編

さてさて、続きです。午前中は予行演習みたいな感じで進めていた引染研修。
お昼ごはんでパワー復活、刷毛(はけ)や染料、染場の寒さに少し慣れてから
とうとう本番、H社様の暖簾の染めをはじめます。
あらかじめ、生地に糊置きを済ませてあり、ちゃんと貼り木にかかった生地を
みなでグルリと取り囲みます。
地色はエンジ、一部黒が入ります。
さし
まずは細かいところを細い目の刷毛で染めていきます。
生地は張り木に取り付けられ例によって宙吊になっていますから
皆で染料を生地にこするように染めると実にゆらゆら揺れるのです。
「こら!揺らすな!」と怒ってもダメです!
そんなときには、刷毛を持っている手の小指で生地を押さえながら
染めるんですが、そんな小技も「ふーん、なるほど。」なのです。
さし3

この細かいところの色を染めることを「さし」といいます。
ま、色を指すのですよね。実に神経を使います。
小さいバケツから大きいバケツに持ち替えて
今度は、地色を染めます。こちらもムラになってはとても不恰好な
ものになります。
何と言っても「暖簾はお店の顔」ですからね!

さし2

うまく出来たかな?
白いところがまったく見えなくなるまで
きちんと染めたら出来上がり。
ご苦労様でした!
完成しました

今回、使用した染料は反応性染料。
アルカリショックで色を固着して水洗余分な染料と糊を落とし
乾燥させれば出来上がり。
今回の暖簾の縫製はH社様でしてくださることになりました。
Hのれん

後日お邪魔して、暖簾をかけてくださっていたのを撮影しました。

今思い出しても、本当に最後までニコニコの楽しい研修でした。
この便利な時代でも、やっぱり人と人、顔を合わせて
同じ空気を感じ、ともに何かをするというのはとても貴重で
価値のあることだなぁと実感します。
普段はお客さまと下請けという関係なのに、ともにモノヅクリを体験すると
社会的な関係性を飛び越えて、普通に人と人が時間を共有できて
面白いことを共感できることが素晴らしいことなんやと思えます。
その後、H社様とも今まで以上に親和感を感じるのは不思議では
ないですね。とても嬉しいことです。本当にご縁に感謝し、
今後ともこのご縁をともに大切にしていきたいと思います。
ありがとうございました。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。