FC2ブログ

そめたろのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

三代目の創業理念

第24期を迎えるにあたり、わたくしが 当株式会社 西田惣染工場3代目 代表取締役に
就任することになりました。時代はくしくも、世界恐慌の様相を呈しており、
日本の経済も政治も先が読めない状況にあります。
何が正しいのか、どうすればこの会社の社員が幸せに自立した豊かな生活を送っていけるのか、
本当に身が引き締まり緊張の思いで一杯です。まだまだ未熟・非才の私ですが、
皆さんのご協力とご支援とで精一杯の努力で勤める覚悟です。

染工場は工場で、いいものを作っていたら売れるという時代は終わりました。

お客様からいただいた仕事をこなすだけではよい会社、よい経営にはなりません。

なぜ西田惣染工場は77年も潰れず、ここまでがんばって来れたのか。

先代の社長のリーダーシップとそれを支えてきた社員の歴史、社員全員分の生活を
守る責任を強く感じています。


私たちの生まれた環境は非常に恵まれています。食べ物に不自由なく、教育もきちんと受け、
字も読めるし計算も出来ます。戦争によって家族を失う悲しみも知らず、適当に自由で、
適当に楽しく、適当に便利で、夢をかなえたいなら、本人の努力でなんとかなる日本です。
それは世代間の違いはあっても私たち社員共通の環境です。
しかしその日本に生まれる確率は世界人口の中の何パーセントでしょうか?
普段は意識することはないかもしれません。でもそれは事実です。私たちは
そんな世の中にあって親や先祖の「縁」の不思議さによって、何万分の一の確立で世に生まれ、
さらに非常に稀有な「縁」によって同じ会社で同じ仕事に携わっています。

これには何の意味があるのでしょうか?
この不思議な出会いを、仕事を通じて得ているのです。
私たちが自分の力だけで生きていると思うのは大きな間違いです。
米粒ひとつ、ガゾリン一滴も、
自分ひとりの力では得られません。今ある流通の社会機構と国家の庇護のもと得ているのです。

ある意味怖い位に便利な日本で、私たちは生かされています。
世界中に貧困であえいでいる人、
訳のわからない紛争で家族や自らの生活が危険と恐怖にさらされている人が実際沢山、
今同時にこの世の中に存在しているようです。だから共に生きる同時代の人達と、
幸せに生きられる世の中を作っていかなければならない責任があるのではないでしょうか。

それはそんなに難しいことではなくて、まずは「家族の幸せのために」からでいいのです。
「好きな人の幸せのために」、「友達のために」「会社の仲間のために」「お客さんのために」
自分の出来る精一杯をやることからはじめましょう。

そしてよい人間関係の中から私たちは学び、社会人として、この社会に、自分の役割を見出し、
自分の生きている生きがい、やりがいを感じ、生きる目的を認識して感謝の気持ちで
毎日を精一杯真面目に生きて、社会の役に立つ人として仕事をし、自立していかねばなりません。

皆さんのこの会社の責任・本当の目的は、社会に「信頼される品質」と「必要とされる会社」
を維持発展させていくことです。それが存在意義であり、社会への貢献です。
これをなくしては、この時代に、この会社は間違いなく淘汰されてしまいます。

自分の姿を自分では見ることは出来ません。鏡となる仲間やお客様があってこそ、
その姿を見させてもらっていると思います。身近にいる家族や仲間、お客様、地域の人に
愛される自分を一人一人がイメージして自覚して行動をしていると良い自分が見えてきます。
良いと思える自分を沢山感じることが生きがい やりがいにつながります。

私たちのお給料は会社の社長が支給しているのではありません。
お客様から(信頼とご用命により)お給料をもらっているということを社員の一人一人が
きちんと自覚して仕事をしましょう。そして仕事を通じて本当の「仕事の報酬」を得ましょう。
私たちの本当の仕事の報酬とは仕事を通じて得た「仲間」と「自己の成長」です。
報酬とは、生活をするためのお金を得るということが目的だと思い勝ちですが、それとは別に
残る最終の報酬のことです。

商品を手に取るお客様が「わぁ!」と感動する仕事を真心込めてしましょう。

ひとりひとりが西田惣のブランドを意識して、よりよい商品を沢山送り出しましょう。

お客さんの心に残るやり取りをしましょう。

そのためには自分磨き、職場磨きを怠らず、

社員一人一人が、この社会の元気な旗印になれるよう、明るく活発に生きましょう。

常に本音でぶつかり合える仲間になりましょう。

そして社員みんなが良い家庭を持ち
健康で楽しく豊かな人生と未来を共にはぐくみましょう。

皆さんから沢山学ばせてもらっています。いつも感謝しています。
まだまだ未熟なわたくしですが、良い社長をめざして一生懸命、精進いたします。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
2010年6月1日
株式会社 西田惣染工場
西田明子
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。