FC2ブログ

そめたろのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

三代目の創業理念

第24期を迎えるにあたり、わたくしが 当株式会社 西田惣染工場3代目 代表取締役に
就任することになりました。時代はくしくも、世界恐慌の様相を呈しており、
日本の経済も政治も先が読めない状況にあります。
何が正しいのか、どうすればこの会社の社員が幸せに自立した豊かな生活を送っていけるのか、
本当に身が引き締まり緊張の思いで一杯です。まだまだ未熟・非才の私ですが、
皆さんのご協力とご支援とで精一杯の努力で勤める覚悟です。

染工場は工場で、いいものを作っていたら売れるという時代は終わりました。

お客様からいただいた仕事をこなすだけではよい会社、よい経営にはなりません。

なぜ西田惣染工場は77年も潰れず、ここまでがんばって来れたのか。

先代の社長のリーダーシップとそれを支えてきた社員の歴史、社員全員分の生活を
守る責任を強く感じています。


私たちの生まれた環境は非常に恵まれています。食べ物に不自由なく、教育もきちんと受け、
字も読めるし計算も出来ます。戦争によって家族を失う悲しみも知らず、適当に自由で、
適当に楽しく、適当に便利で、夢をかなえたいなら、本人の努力でなんとかなる日本です。
それは世代間の違いはあっても私たち社員共通の環境です。
しかしその日本に生まれる確率は世界人口の中の何パーセントでしょうか?
普段は意識することはないかもしれません。でもそれは事実です。私たちは
そんな世の中にあって親や先祖の「縁」の不思議さによって、何万分の一の確立で世に生まれ、
さらに非常に稀有な「縁」によって同じ会社で同じ仕事に携わっています。

これには何の意味があるのでしょうか?
この不思議な出会いを、仕事を通じて得ているのです。
私たちが自分の力だけで生きていると思うのは大きな間違いです。
米粒ひとつ、ガゾリン一滴も、
自分ひとりの力では得られません。今ある流通の社会機構と国家の庇護のもと得ているのです。

ある意味怖い位に便利な日本で、私たちは生かされています。
世界中に貧困であえいでいる人、
訳のわからない紛争で家族や自らの生活が危険と恐怖にさらされている人が実際沢山、
今同時にこの世の中に存在しているようです。だから共に生きる同時代の人達と、
幸せに生きられる世の中を作っていかなければならない責任があるのではないでしょうか。

それはそんなに難しいことではなくて、まずは「家族の幸せのために」からでいいのです。
「好きな人の幸せのために」、「友達のために」「会社の仲間のために」「お客さんのために」
自分の出来る精一杯をやることからはじめましょう。

そしてよい人間関係の中から私たちは学び、社会人として、この社会に、自分の役割を見出し、
自分の生きている生きがい、やりがいを感じ、生きる目的を認識して感謝の気持ちで
毎日を精一杯真面目に生きて、社会の役に立つ人として仕事をし、自立していかねばなりません。

皆さんのこの会社の責任・本当の目的は、社会に「信頼される品質」と「必要とされる会社」
を維持発展させていくことです。それが存在意義であり、社会への貢献です。
これをなくしては、この時代に、この会社は間違いなく淘汰されてしまいます。

自分の姿を自分では見ることは出来ません。鏡となる仲間やお客様があってこそ、
その姿を見させてもらっていると思います。身近にいる家族や仲間、お客様、地域の人に
愛される自分を一人一人がイメージして自覚して行動をしていると良い自分が見えてきます。
良いと思える自分を沢山感じることが生きがい やりがいにつながります。

私たちのお給料は会社の社長が支給しているのではありません。
お客様から(信頼とご用命により)お給料をもらっているということを社員の一人一人が
きちんと自覚して仕事をしましょう。そして仕事を通じて本当の「仕事の報酬」を得ましょう。
私たちの本当の仕事の報酬とは仕事を通じて得た「仲間」と「自己の成長」です。
報酬とは、生活をするためのお金を得るということが目的だと思い勝ちですが、それとは別に
残る最終の報酬のことです。

商品を手に取るお客様が「わぁ!」と感動する仕事を真心込めてしましょう。

ひとりひとりが西田惣のブランドを意識して、よりよい商品を沢山送り出しましょう。

お客さんの心に残るやり取りをしましょう。

そのためには自分磨き、職場磨きを怠らず、

社員一人一人が、この社会の元気な旗印になれるよう、明るく活発に生きましょう。

常に本音でぶつかり合える仲間になりましょう。

そして社員みんなが良い家庭を持ち
健康で楽しく豊かな人生と未来を共にはぐくみましょう。

皆さんから沢山学ばせてもらっています。いつも感謝しています。
まだまだ未熟なわたくしですが、良い社長をめざして一生懸命、精進いたします。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
2010年6月1日
株式会社 西田惣染工場
西田明子

スポンサーサイト

PageTop

青空と赤い平安神宮

平安神宮
今朝の京都、平安神宮を撮りました。
この時期にしてはさむい最近の京都です。
寒いとか雨とか、人のモチベーションに影響するって
この前ラジオで言ってましたけど、本当かな。
実際この5月の売上はさむいさむいものでした。
しかし、しかしです!
暇なときにしか、出来ないこともあるんじゃないの?
と、勉強会。

今回は社外に一部の社員さんと飛び出してまいりました。
大阪のY社社長のご好意により、私たちはYさんのハイエースで
一路、東近江市へ。大きな大きな晒し工場さんへ。恐ろしい設備投資
にまず、目を見張ります。ガッチャンガッチャン、機械が工場らしく
どんどんと生地を毛焼き工程から精錬、漂白工程へ。
思いがけず、東近江市は大雨でしたが中にいらっしゃる社員さんは
てきぱきと働いていらっしゃいました。
専務は暖かく迎えてくださり、いろいろとご案内いただきながら
その心意気を伺いました。
私たちは色を染めることにこだわって毎日格闘していますが
専務は白さにこだわっていらっしゃいました。
同じものつくり。
なにか独自性をもって新しい商品を導きださないとすぐに価格競争の
渦に巻き込まれます。専務さんの工場のお仕事は他の工場よりも一手間も
二手間もかかっているので、決して安くはないようです。
麻や生成りの生地でも大変染料の浸透性がよく、また自然な明るい
白さが魅力的な生地を送り出していらっしゃるので、難しい商品は
結局専務さんの工場へ戻ってくると仰いました。

私たち染工場が料理人なら
白い生地は料理する魚やお野菜です。
よい素材が引き立つ調理をしなければ本物の料理の腕前とは
いえません。
生地の良さを引き立てる染物。
ものづくりのコラボです。

YさんO専務、晒し工場を見学したのは初めてでしたが
「思い」と「こだわり」の白さ作りが心に響きました。
ありがとうございました。
(ちなみにご馳走になったちゃんぽん、おいしかったです(*^_^*))



PageTop

ハウスフラッグを作ろう!

これ、うちの長男のナオキの絵です。
彼は会社に遊びに来て旗を作ることに興味を持ったようです。
そして「ぼくの旗作って!」というので
売上貢献と営業ネタも考えて
「ハウスフラッグ」をつくることにしました。
まず、長男にクレヨン画を描かせます。
なおきのうちのコピー

そして当社の最新の染色技術の両面昇華転写捺染で
こうゆう風に・・・・なおきのうち旗
絵がそのまま、旗になりました。
お友達が来るとき、お客さんのとき
家庭訪問のとき、あれこれ用途を考えると
だんだん誰かに来てほしい家のイメージが出来てきます。

一般的な日本の最近の家庭って
人が集まらない家庭になってはいないだろうか?
と、ふと思います。
昔の、特にうちの祖母は人が集まるのが
(そしてそのお世話が)好きだったみたいですが
親戚や近所の人が工場の人となんやかんやと
イベントを作っては集まってご飯食べたりしていました。
私は親には結構ほったらかしにされてましたが
誰彼なしに面倒みてもらってたかなぁと思います。

子育ては家庭で決まる。
でも家族だけじゃなくて、社会のみんなでするもんです。

おうちに遊びに来て!そんな旗印、いかがでしょうか??
naoki.jpg

PageTop

ひさーしぶりの社員交流会

レクレーション1
当社には社員の会があります。
その名を思至の会(ししのかい)と言います。
大変いい名前で気に入ってますが、去年、おととしあたり
ほぼ休眠しており、社員間の交流が活発に出来ていたか?
というと実は静かなものでした。
でも、今年は違います。
4月以降新しい仲間が増えたのをきっかけに
レクリエーションに六甲山のカンツリーハウスに
出かけてきました。これが実に楽しかったのです。
BBQ、魚釣り、アスレチック等
高原のきれいな空気の中でバッチリ遊んできました。
レクレーション2
のんびりした雰囲気の社風にのんびりしたレクレーション。
獲物はちゃんとかかりました。
さかな
「行ってよかったね」
「楽しかったね」
みんなで言える思い出があると
会社の雰囲気を和やかにするビッグな獲物がかかります。
その後、別の機会に新入社員の歓迎会もあり
ますます和やかな西田惣です。
幹事さんありがとうね。


PageTop

パソコン組立研修会

パソコン3
染物屋にIT?
そうです。今やどんな業界にもITなしでは
成り立たない。そんな時代ですね。
今まで当社ではデルさんのパソコンを買って
設置したらおしまい!という環境でした。
今回、S社のAさんFさんのご協力を得て、
パソコンを作ってしまおう!という勉強会を
社内で実施しました。
パソコンの構造を知ることで未曾有のITトラブルを
回避するきっかけとなる知識の獲得が狙いでした。

パソコン2
みな興味深々、やってみると
部分的に難しく感じるところがあっても
意外と易しいのです。
社長曰く、昔のラジオの組立よりうーんと簡単!
だそうです。
パソコン1
実に楽しい、よい勉強会になりました。
Aさん、Fさん ありがとうございました。

PageTop

昧爽展2010

maisou3.jpg
昧爽展とは??
社長の自宅前のギャラリー技座にて
社長とその仲間の毎年一回の写真とお花の
グループ展のこと。
今年はGW前からGWの終わりまでの期間に
なっていたので、例年になく沢山の来場者に
お越しいただきました。
毎年新しく、特大の日よけ幕を
社長の撮る風景写真をモチーフに製作、
今年は入口幕も作りました。写真はそれを
うれしそうに飾る社長なのです。
今年の日よけ幕は大変いい仕上がりで
ギャラリーの写真よりもきれい??という
評判も・・・当社の両面昇華転写の凄さを
身贔屓ではなく実感してしまう存在感でした。
maisou.jpg
これはギャラリーの中から特大日よけ幕の裏面を見たところ。
光を通すと立体感が出てきます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。