FC2ブログ

そめたろのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

一期一会

京都の春がソメイヨシノの開花のニュースとともに
やってきました。
長い長い冬がようやく終わりそうです。
今年、特に東北大震災の連日の報道を見るに付け
寒そうな被災地の皆さんの姿を見るたびに
本当に「せめて、早く暖かくならないかなぁ」と
思う毎日です。
ともかく、被害にあわなかった日本人が元気に!明るく!
思いやりの心で、
被災された方とこの国を支えて行かなければなりません。

そんな昨今、私は一期一会という言葉をとても意識しています。

生まれてきた不思議、出会った不思議、今自分達を取り巻く
環境の不思議、まさに運命とか宿命が絡み合って不思議なご縁に
生かされている自分とみんな、この社会を思わずにはいられません。
震災のせいでしょうか。今自分は被災しないで、東北の方々が
親子離れ離れになってしまったり、我が家を失ったりされている様子を
見て、「今、この瞬間」というのは、かけがえのないことなんだなぁと
つくづく思うのです。
ですから明日がくる、また次があると流されないでいたい
一期一会を大切にしたいと今まで以上に強く感じています。

去年の秋に、ご近所さまからのご紹介で、お付き合いをさせていただいた
お客様(Aさんとしましょう)からのご注文の横幕が
この春ついに完成しました。

当社には殆どエンドユーザーのお客様はお見えにならないのですが
あらかじめお見積をさせていただいたり、ご意見を伺ったりしていて
実際、お越になられ生地について染についてとご説明いたしました。
フェイス トゥ フェイスのいいところは、本当にお客様の思いが
ズバリ伝わることです。
このお仕事で本当に困るのは、ご使用いただく方から遠いということで
「本当に何を望んでおられるのか?」を時々、こちらがわからなかったり
履き違えたりすることです。

Aさんは都度都度、何度も出来上がるまで足を運んでくださり、
最後の最後まで私たちに「こういうのが欲しい」を伝えてくださいました。

色・デザイン・材質と思いを伝える文字・文言まで本当にこだわって
いらっしゃったので、私たちもついつい一生懸命させていただきました。

Aさんのお陰で「人のために一生懸命作りたい」という私たちとAさんの共通する
深い思いに改めて学びました。

Aさんはお勤めが花市場ということで、なんと来社の度にお花をお持ちくださいました。
おかげさまでAさんが来られたときにはいつもお花のある事務所でした。
うちでお花を活ける習慣がない私は、その度にドギマギしながら花瓶にお花を
活けました。お花がある事務所はなんだか愛おしくやさしい生き物がいるみたいで
お水を毎日取り替えたり、お世話をするうちにわたしまでやさしくなれるような気に
なりました。
また、不思議とお花があるとお客様が多いように思いました。気のせいでしょうか?
でもAさんは「花は人を呼ぶんですよね」って仰ったのでそんな効果があるのかも
知れませんね。
「お花は心をやわらかくしてくれる」って本当ですね!
 

足掛け半年程、忙しいときも寒いときもAさんは出来上がるまで来てくださり
この春完成となりました。
集合写真

猛奪守
京都市立西京極中学校の男子バスケットボール部さんの横幕です。
Aさん曰く、ご卒業される三年生の部員さんが「なんでもっと早く作ってくれへんかったん!」
と残念そうに言ったのを聴いて「そうか、そうやなぁ」と本当に思われたそうです。
今まで、部旗もなかったとのことを伺って、なるほど。。。
でも、最後の卒部試合に間に合って、使っていただけて良かったなぁと思います。

そして実は、この幕はは「おまけ付」だったんです。
初めてお越しいただいたとき、「幕を入れる袋はないですか?」と
Aさん。調べてみると専用の袋というのは以外にないもんなんです。
それならということで、当社で作らせていただいたのがこちら。
旗幕袋
かわいいです。これは父兄のお母様方に人気ということです。

これは、私たちにとって、旗や幕を作ることはプロであってもその後の
ニーズに対してまったく無頓着であったことと、
「ニーズは常に現場にある」
ということへの大きな気付きでした。
これもAさんとの出会いで学んだことでした。

Aさん、そして西京極中学校の男子バスケットボール部の皆さん、その父兄の方々
この度はご注文ありがとうございました。
私たちはAさんを通じて皆さんが本当に望む1枚を作ることを初心に戻って体験させて
いただきました。普段は当たり前にお客様のご注文に対して誠実に製作していても
なかなか出来ない体験をさせていただきました。
そして、いろいろな学びをいただきました。
ありがとうございました。

これからも私たちは一期一会を大切に
お客様の思いを染め上げていきます。

結びに、Aさんから頂いた沢山のお花の中から、ほんの一部ですがご紹介いたします。
ゆり


お花

カーネーション

ぼけの花




スポンサーサイト

PageTop

街でみかけたそっくりさん

今日の京都市内、とても強く冷たい風が吹いていました。
ちょっと冬本来の寒さに逆戻り。
関西の中でも京都は何気に気温が低いです。

そんな中、お客様のところへとウロチョロ車で市内を走っていると
なんとなく眺めていた車窓から、なんと!親戚?
とても他人とは思えないものを発見しました。
あわててカメラで激写。

このお顔、どう見てもうちの
「そめたろ」に似てはります。

この感性って改めてみると、そう多くないと思います。
だからなんとなく、親しみを感じてしまいました。
まさに他人の空似なんですが・・・。


そっくりさん
そっくりさん2


PageTop

美術館横
今年も芸術の秋、文化の秋、読書の秋、そして、食欲の秋がやってきました!
京都の場合、普段から観光客がとても多いのですが
とくに激しく多くなるのが、この紅葉のシーズンです。
車や人の多くなるにつれて、京都の秋が深まっているのを感じます。

この写真は朝の通勤途中、美術館横から、東山を望んだものです。
日替わりで景色の色が違ってきます。

とても、すてきな秋の様相になってきました。
今朝は木枯らしが強く今の季節らしい空気の緊張感があって
冬も間近かと思わずにはいられません。

キンモクセイ

何故か当社のキンモクセイ、今年は遅咲きです。

昨日くらいから満開で、とても良いカオリがします。
いつももう少し早いので、感が狂います。
ツボミのまま枯れてしまうのでは?と
心配しましたが何とか咲いてくれました。
かわいいみかん色のお花がいじらしいのですが、
さすがに今日は北風に吹かれて寒そう!でした。

こうした季節の変わり目に
いろいろな発見をするたびに何か刺激を受けるから
秋は芸術や読書に向いているのでしょうか?
人も自然の変化に呼応してみたくなるのでしょうか?

当社の西棟二階、事務所の入口のカウンター付近はいつも私の独断と偏見で模様替えを
いたします。
最近は、工場長が私や私の子供の絵などを用いて
Tシャツを作っています。まるでショップみたいになってます。
クレヨンや水彩のタッチがそのまま出ていていい感じです。

他にも、傘など色々進めています。
またこのブログでご紹介します。

入口付近

そして、また木綿の染めたものを屋上につるして
堅牢度調査第二段!をはじめました。
次回以降また、追跡の様子をお知らせいたします。

<モノツクリ楽しい!それが伝わる染物つくり>展開中です。

PageTop

和み亭 ひろしんさま

先週末の土曜日
当社の女性陣と
楽しみにしていた「ひろしん」さんへ出かけました。

飛び込みのお客様は当社のような工場には大変珍しいのですが
「ひろしん」の主はその大変珍しいお客様のお一人でした。
お店をオープンされたのが9月25日、当社で玄関の暖簾と
中の目隠し暖簾の製作をさせていただきました。
エンドユーザーの方に製作した暖簾を褒めていただくと
本当にうれしく思います。
私たちもついつい応援したくなります。
それで「行こうね 行こうね」と
密かに楽しみにしていたのです。

ひろしんで

週末の京都市内の繁華街は人がごった返していましたが
ウキウキしてたどり着いた「ひろしん」さん。

落ち着いた店内、フレンドリーな雰囲気
おいしくてアッサリした京料理
我が社の女性達もにっこり笑顔で
おいしい?!の連続でした。

しかも凄くお安いと思います!
京都へお越しの他府県の方にはお勧めです。
最後に出してくださった釜飯もおいしかった!


(・・・・すみません。
余りにもおいしくて写真を撮るのをうっかり忘れるほどでした。)

当社のカウンターには「ひろしん」さんのフライアーをおいております。
皆様、良かったら是非とくつろぎの時間を「ひろしん」さんで
どうぞ。。

ひろしん

「和み亭 ひろしん」
 電話 075-212-0508
 営業時間 17:00?24:00(ラストオーダー23:00)
 京都市中京区錦小路烏丸東入元法然寺町683

PageTop

日差しにご用心< 堅牢度調査第一弾結果報告!>

ご無沙汰でございました。
この夏、京都も他の地域と同じく
大変暑く、日差しもガンガンと照りつけておりました。
嘘のような夏日の連続。
今は、ようやくほっと一息
秋らしいお天気の京都です。

途中経過をお伝えしておりました堅牢度調査
猛暑の中7月17日?9月17日までちょうど
2ヶ月間行いました。その結果報告ですが
日差し、紫外線の威力をここまでか!と感じた調査結果でした。

人間は日差しを浴び続けると
皮膚が紫外線に反応して
色が黒くなったり
赤く炎症を起こしますが
染めものは逆に退色します。「色があせる」ので白っぽくなります。

たったの2ヶ月でしたが
恐ろしいほど退色しました。
写真の左が屋上に出さなかったもの
右が二ヶ月間屋上にさらしたものです。
本染ボンネル緑4
これは、カチオン染料 アクリル・ボンネル生地の本染(スクリーン捺染)緑が見事に薄いです。
今回の調査でもっとも激しかった退色一等賞です。
本染ボンネルエンジ2
これも、カチオン染料 アクリル・ボンネル生地の本染(スクリーン捺染) エンジが薄くなって茶色っぽいです。
ツイル本染紫2
こちらは分散染料 ポリエステル・ツイル生地の本染(スクリーン捺染) もとの色は紫 青みが退色しています。
ツイル本染紺2
こちらも分散染料 ポリエステル・ツイル生地の本染(スクリーン捺染) もとの色は紺 全体的に白っぽく退色しています。
昇華転写捺染

そして最後に昇華転写捺染 ポリエステル・ツイル生地です。
ほかの本染めの色の退色に比べて、ましに見えますが、やはり青みがとんでいます。
そのせいで紫っぽい色になっています。
ましに見えるのは青味がとんでも、白っぽい退色というより紫に変色したみたいに
見えますので、あまり紫外線の影響がなかったかのように見えています。

当社の屋上は360度、日差しをさえぎるもののない
見事な日当たりの屋上でした。
さらに風もきつく当って、
調査用の旗群はいつもクルクルと
結わえ付けていた鉄柵に巻き付いたり
ぶち当たったりしていました。
まさに劣悪な条件。

旗というものは
屋外で使用され、また出しっぱなしにされることの多い
アイテムです。
今年のように日差しの強い炎天下に出しっぱなしになると
新しい旗でもすぐにダメになってしまいます。
せっかく、思いを込めて製作依頼を頂く旗なので
お客様には是非とも出しっぱなしを避けていただくように
お願いいたします。

そして、炎天下または西日の強い日差しの当るお店など
どうしても、紫外線には染物の退色は防げないという事実を
ご理解ください。

紫外線による日光堅牢度の高さでいえば、
どちらかというと染ではなく顔料プリントなどが
お勧めです。(顔料プリントは生地がゴワゴワしたり、摩擦堅牢度が低い等
問題がゼロというわけではないのですが。)

このように染料によって
素材によって、また取り扱いによっても大きく異なりますが
そのおかれた環境によっても寿命にかなり差の出るのが、染物です。

新しく旗や暖簾を製作されようとなさる
お客様は是非とも当社にご相談ください。
来月からは木綿の反応染料の堅牢度調査に乗り出します。

乞うご期待ください。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。